スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 もどりました

ご無沙汰しております。にやちょびです。
二ヶ月近く留守にしてましたが、やっと戻ってきました。
(ちょっと前に戻っていたのですがインフルエンザ等になってました。)

戻ったとたんする話しとしてはちょっと寂しいのですが、
先週の金曜日に、きぐるみ元の「にやちょび」が亡くなりました。

091123-1.jpg

お父さんとお母さんが旅行中で、
木曜日の夜、餌を上げに行ったら、
足下がおぼつかないのが見て取れて、
翌朝病院に連れて行こうと、朝早く様子を見に行ったら、
静かな空間にぽつり。
既に亡くなっていたのでした。

091123-2.jpg

翌日、旅行から帰ったばかりの父母と、ちび(娘)と、
高尾の動物霊園に。
親子のように暮らして来たチビが亡くなったのが、
丁度1年程前。
お墓もちびと同じだから、今頃会えているのかな。
そうだといいのに。

091123-3.jpg

高速の脇道で風がピューと拭いた時から、
膝の上で看取ってあげれたらよかったのにと、
罪悪感と悲しい気持ちがジワジワ溢れて
何も出来なかった事に涙も出っぱなしだったけれど、

091123-4.jpg

ここ暫くの様子を聞いたら、
ほとんどずっと寝っぱなし。
毎日お父さんの席で撫でてくれるのを待ってて、
気に入ったかつぶししか食べなくて、
そんな話しが、
私の知らない穏やかな時間が
沢山だった事を示唆してくれて、
漠然とモヤモヤしてたものはすうっと消えた気がしました。

091123-5.jpg

お別れは突然で、
やって来たのが、ついこないだみたいなのに。

091123-7.jpg

まだ私が一人暮らしをしていた頃。
お風呂のドアの下から差し入れられる
白靴下とシマシマの手。
猫じゃらしを投げると犬みたいに取って戻ってくる。
話しが全部分かってるんじゃないかって顔。
同じ布団の中で喉を鳴らす音。

091123-6.jpg

離れて暮らしていても、
にやちょびは私のねこだったから。
始まりの日とさよならの日。
一緒にいれてよかった。
長い間ありがとうね。

私の知らないどこか遠く。
そこが穏やかな場所でありますように。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
またぼちぼち更新して行きます。宜しくお願いします。
人気ブログランキング
エニッキ.COM
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


02:06 | 思いで絵日記
comment(19)     -
comments
おかえりなさぃ
そして・・・
突然の悲しい報告。。。
涙が止まりません( ノω-、)

出勤前じゃなくて良かった・・・。
と言っても
もぅこんな時間だけど・・・。

どうか元気出して下さい。
2009/11/24 05:18 | | edit posted by ももっ
おかえりなさい・・・・

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!

にやちょびさんに最後に会えて
きっとネコにやちょびちゃんも嬉しかったとおもいます。
2009/11/24 11:33 | | edit posted by あみんん
にやちょびさん おかえりなさい。

永遠の別れは淋しいね。
私も最近 大切な人2人とのお別れしました。

きっと今頃 お空で楽しく笑ってるよね。

元気だしてね☆彡
また来ます。
2009/11/24 17:01 | | edit posted by ゆうにゃん(ゆこ)
今まで大切にされてきた子だから
きっと十分幸せだったと思いますよ。
2009/11/24 18:37 | | edit posted by ルン☆
おかえりなさい。

にやちょびちゃんは
きっとまた毛皮を着替えてにやちょびさんに会いに
帰ってきますよ。

今はゆっくり大切な思い出にひたってください。
お体に気をつけてくださいね。



2009/11/24 19:00 | | edit posted by ねこじ。
「かぞく」だからね、離れても。
アタシも昔、シュウちゃん(美猫)と別れた時
いっぱい泣いたし、もうアタシも生きてたくない…とか
ヘタレなことも考えたくらい、大好きだった。
でも、過ごした時間はうそじゃない。
覚えて生きとく人も必要だもんな。
いっぱい泣いたから、復活できました。


にやちょびさんも、いっぱい泣いて
いっぱい思い出して
それをずっと覚えててください。
それが一番。


いいコメントをされてる方がいますね。
そうきっと、毛皮を着替えて
またにやちょびさんの元に
来る日が来ますよ、きっと。


絵日記ブロガーにやちょびさん。
その元のにやちょびさん。
ブロガーにやちょびさんが大好きな読者も
にゃんこのにやちょびさんを忘れない。
ブロガーにやちょびさんがいる限り♪


ご冥福を心からお祈りします。
2009/11/24 19:28 | | edit posted by もっち
ご冥福を…
にやちょびさん、ご無沙汰しています。
「おかえり~」を言おうと訪問したらお別れのお話…。

にやちょびちゃん、最期ににやちょびさんと会えるまで
きっと穏やかな時間を過ごしながら待っていたんだね。

記事のなかから、にやちょびさんがいかに愛していたかが
じわ~っと伝わってきて私も涙が止まりません。
そんな愛されにゃんこだからこそ、家族を悲しませないよう
そっとひとりで旅立ったのかもしれませんね…。

今ごろチビちゃんと虹の国で駆け回っていることでしょう!
私たちがあちらへ行くまでしばしのお別れですね^^
2009/11/24 20:22 | | edit posted by まるこママ
おかえり。
そうだったんだ。にやさん。。。
言ってることがなんでもわかってるような子だったね。
当時を思い出しました。

ずっと、にやさんはしっぽなと一緒にいるよ。
にやちょびの近くに。
2009/11/24 21:58 | | edit posted by じゆう
そろそろ戻る頃かと思ってワクワクして覗いてみたよ。
明るくおかえりなさいを言うつもりだったけど、
こんなに悲しい事が起こっていたなんてね。

広い宇宙の海でちょびさんファミリーを見守っているはず。
別れは切ないね。
2009/11/25 00:47 | | edit posted by ゴマフあざらし
お帰りなさいませ
突然の別れはとても寂しいですなぁ
きっと最後にあえてとても嬉しかったと思いますよ
心からご冥福お祈りします
2009/11/25 03:50 | | edit posted by 箪(はこ)
ありがとうございます
みなさんが暖かい気持ちを寄せてくれて、心の中も愛猫の行く道もポーッと照らされた気がしました。
ありがとうございます。もうね、そんな優しいみなさんが大好きですよ。
送った後は気持ちも納まるべきどころに収まってゆっくりと日常が戻って来ました。
沢山の思い出を残しつつ。
2009/11/25 09:26 | | edit posted by にやちょび
ご訪問が遅れました。
にやちょびさん、おひさしぶり。
さっきから、色々何度も書き直しちゃったけど・・
ごめんね~、いい言葉が見つからなくて・・。

心よりご冥福をお祈りします。
形は見えなくなっても、いつも見守っていてくれてるよ。
2009/11/28 02:11 | | edit posted by かめぶう
おかえりなさい!


・・・相棒の死って受け入れにくいですよね。
後悔ばっか押し寄せてくる感じで。

最後を見てあげたい・・・って言うのは切実で。

今頃2匹で遊んでますよ。きっと。

うちのワンコたちとも遊んでるかな~。
(警戒されてるかも~)
2009/11/29 12:42 | | edit posted by 和
初めてコメントします
読んでて思わず涙が出そうになりました。

でも、それだけ大切にされてたにやちょびさん、
きっと幸せだったと思います。

にやちょびさんはずーっと、心の中に生きてますもんね。



2009/11/30 13:53 | | edit posted by 梨花
おかえりなさい。
そうですか・・・にやちょびさんが・・・
お話を聞いてるだけでどれだけ
にやちょびさんが大事にされていたか
わかります。
きっととっても幸せな猫生だったんじゃないかなぁ。
あの世の虹のたもとで待っててくれるかな?
それとも、待ちきれなくてまたこっちに
戻ってきてくれるかな?
どちらにしてもまた会えるのが楽しみですよね。うん。
今はとってもさみしいですけどね・・・
2009/11/30 17:50 | | edit posted by ぽち
おかえりなさいませ。
と一緒聞くには悲しいお話ですね・・・
離れて暮らしていても、私の猫、というくだりが
思わずほろりと来てしまいました。

きっと、いらっしゃる間に亡くなったのも
ご縁なんでしょうね。

上手く書けませんが・・・
このブログには、いっぱい猫のにやちょびさんが
生きていますね。これからもずっと。
2009/11/30 19:43 | | edit posted by ひよこ
お忙しい中、コメントを下さった皆さん
どうもありがとうございます。
頂いた言葉、心の中にとどめておきます。
お礼も上手く言えないんだけれど。


2009/12/02 03:24 | | edit posted by にやちょび
はじめての投稿です。
「虹の架け橋」で 検索して アメリカの詩を 読んでみて下さい。
私も つい先日 とあるブログで教えていただいたのですが
 愛する家族が(よその方に たかがペット と 言われる事も ありますが、 たしかに 家族ですよね!) 旅だったあと どのように過ごしているのか 教えてもらいました。
私の場合は わんこですが、なくした当時を 思い出して号泣したあと とても 満ち足りた想いに浸りました。
 
天国で きっとあえますとも。
待っててくれるはずです。
そんな 明るい気持ちになる 詩 ですよ。
2009/12/02 18:37 | | edit posted by わんこママ
わんこママさん
ステキな詩を教えてくれてどうもありがとう!!
知らなかったなぁ。もう、号泣でした。
2009/12/03 02:10 | | edit posted by にやちょび
comment posting














 

 
キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。