スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 君の名は



玄関の電話がなった時、炭酸ジュースを飲んでいた。

たたた、と急いで受話器を取り、
「もしもし」と言わねばならない所、
胃に溜まってた炭酸が先に出てしまった。

「ぐえー。」

多かれ少なかれ、受話器の向こうの人はホラーな気分になった事だろう。

あまりの恥ずかしさにそのまま黙って受話器を置いたので、
いったい誰だったのかは分らないまま。





スポンサーサイト
02:01 | 思いで絵日記
comment(1)     -
| HOME |
 
キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。