スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 バカと煙(後編)

バカと煙(後編)です。
(前編)は前日の記事を参照下さい。


日が出ているとは言え寒い日の出来事。

次第にフェンスを握りしめた手がかじかんできて、
このままではヤバいと思い始めました。




バラバラバラバラ

遠くの空に豆粒のようなヘリコプターが
飛んで行くのが視界に入りました。




「おーい。ココでーす。助けて下さいー。」

無表情ながら、強烈な念波を送信。アップ

しかし受信されず。。ダウン





続けてヘリに救出される自分
妄想劇場自動スタート
カチンコ

もし縄ハシゴが降りてきて、
「飛び移れ!」といわれたとしたら?!

ドキドキドキドキ。
自信無い。自信無いです((;゜Д゜))

大体、ここに立ち上がるってできるの?
無理。ぜったい無理~~((;゜Д゜))



妄想すること数分。
そこは出口の無い無限回廊。


バリバリの現実逃避の中で、
ひとしきり右往左往したあと、
切実な現実を見つめる覚悟が出来ました。




「足場、足場~」


「あわわわわ」


「きょえええええ」







「うえええええ」


「ひぃ」


「あうあう」








で、既出のこのおじいさんが救世主。


私のこんな様子を暫く眺めていたらしく、
どうやら遊んでいるのではないと察して、

「お姉ちゃん、降りられないのか?」
「それ、もう少し右だ左だ。がんばれ。がんばれ。」

その的確なナビゲーションのお陰で、
無事地上に戻ることが出来たのでした。



通りすがりの犬をつれたおじいちゃん。
その節はどうもありがとう。




ランキングに参加してます。


携帯の方はこちらで宜しくです。
ブログランキングに一票
スポンサーサイト
18:00 | 思いでコマ日記
comment(25)     -
| HOME |
 
キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。