スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 走れ!野次馬

813-1
中学生の頃、夏の日。
家族でそうめんを食べていたら、
かなり近くで消防車のサイレンが。

う~!う~!う~!




それいそげ!

「やだよ!あんたどこいくの?」

母親の言葉を尻目に、
食事の途中だったけど、
弾丸のように外にとびでました。。



090813-3.jpg
あわてて履いた、
お父さんのサンダルがブカブカで、
走りにくい事この上ありません。



090813-4.jpg
消防車の行方を探しながら、
暗い中をうろうろ彷徨っていると・・・

う~~~。

恐ろしく低いうなり声。
暗闇に光る目。



5
「ぎゃああああああ」

黒い影に追いかけられ、履きなれないサンダルで、
もときた道を全力疾走。



6
大慌てで家の敷地内に撤退し、
力任せに門をしめました。
「ふんぬ!」








7
安全地帯から自分を追いつめた物の
正体をよくよく見ると、

「ごんちゃん・・・」

ひとりで夜のお散歩だったらしく、
ごんちゃんが愛らしい顔でこちらを見てました。

遊ぼうと思って追いかけて来たのでしょう。



8
ふと見ると、

大慌てで乱暴に門を閉めた時、
左の手首を引っかけたらしく、
いつのまにやら絶賛大流血。
今も傷が残っています。

それ以来、サイレンの鳴る方に走れ!
は封印されました。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
クリックで応援してね!更新の励みです。

人気ブログランキング
エニッキ.COM
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
携帯アクセス解析
スポンサーサイト
02:06 | 思いでコマ日記
comment(12)     -
| HOME |
 
キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。